本文へ移動

きなこの気まぐれブログ

ココナッツオイルは良いこといっぱい!

2023-03-03
カテゴリ:ハウトゥー
オススメチェック
こんにちは!きなこだにゃ。
寒い日々が続いていますね~。風邪やインフルエンザにかからないように気を付けましょう。
 
さて、皆さんはココナッツオイルを使ったことがありますか?
 
この前きなこはタイ人のお友だちからお土産でタイのココナッツオイルをもらいました。
日本ではあまり使うことがないから、どのように使えば良いか分からなくて、少し調べました。
 
では、ココナッツオイルの効果・良いことを紹介します。
 
1 脂肪燃焼を助ける
 
バージン・ココナッツオイルには、他の脂肪よりも食欲を抑える特性があります。
体のエネルギー消費を加速する効果があり、甲状腺の機能を刺激する効果もあります。
それに素早く消化するので体内に溜まりにくいのです。
低炭水化物ダイエットと一緒にバージン・ココナッツオイルを摂取することをお勧めします。例えば、スムージーやサラダドレッシング、またはソースと混ぜて、1 日あたり大さじ 2 ~ 3 杯を目指して摂ると良いでしょう。
 
2 脳を活性化する
 ココナッツオイルの中鎖脂肪酸は、人間の脳と認知プロセスを活性します。またココナッツオイルにある中鎖脂肪酸は、アルツハイマー病の予防にも役立ちます。
 
3 髪を柔らかくつやのある状態に保つ。
ココナッツオイルは、傷んだ髪に栄養を与えるために使用されます。抜け毛や枝毛の問題を解決するには、乾いた髪にココナッツオイルを塗布し、30分間そのままにしておくと、髪がまっすぐになり、柔らかく、もつれがなくなります。
 
4 喉の細菌を除去するうがい
マウスウォッシュやオイルプリング (口の中のバクテリアを除去) としてココナッツオイルを使用することができます。水を飲んだ後、大さじ 2 杯程度のココナッツオイルを口に含み、少なくとも15分前後でうがいをして吐き出します。その後、水で2~3回口をうがいします。オイルの一部が体内に入り、汚れを洗い流して排泄システムから排出し、口臭を減らし、息をさわやかにします。
 
5 フェイシャルとスキンケアとして
ココナッツオイルに含まれるビタミンEには抗酸化作用があります。シワの発生を抑えことや黒ずみを防ぐことができます。
また、ココナッツオイルには保湿効果がありますので、乾燥、ひび割れ、薄片状の皮膚を治療し、発疹、かゆみを軽減し、皮膚を滑らかにして柔らかくするのに役立ちます。
 
綿球にぬるま湯を浸し、水気を絞ったコットンにココナッツオイルを2~3滴垂らし、顔全体になじませます。洗い流さずにそのまま放置できます。肌を滑らかで柔らかくしますし、乾燥になりにくくなります。ニキビ跡も驚くほど薄くなります。
 
スキンケアとして使用する場合、ココナッツオイルが加熱されるとビタミンEが壊れてしまうので、コールドプレスされたココナッツオイルをお勧めします。
 
.


ココナッツオイルは以外と使い道がいろいろですね。今回は、ココナッツオイルの良いことを一部だけ紹介しました。他にも様々な効果があります。興味のある方は、自分に合う使い方から、トライしてみてください。

引用:
0
4
4
4
9
5
TOPへ戻る