本文へ移動

きなこの気まぐれブログ

蓄電池と太陽光発電システムの実際の効果

2022-11-10
注目チェック
蓄電池と太陽光発電システムを設置したら、どのぐらいの効果が期待できる?
皆さん、こんにちは!
きなこだにゃ~


最近、だんだん涼しくなってきましたね。
また晴れる日も増えてきました。晴れた日はやっぱり気持ちがいいですね。

さて、良き家は家庭用蓄電システム「スマートスター3」の販売店になっているので、
蓄電池や太陽光発電の話題が多くなりますが、
今回は蓄電池と太陽光発電システムの効果について紹介したいと思います。

まずは良き家が取り扱っている家庭用蓄電池は日本メーカーの伊藤忠さんの「スマートスター3」というものです。
商品については、蓄電池事業のページで確認できます。

スマートスター3の良い所は、AI(グリッドシェア)で充電・放電の監視と管理をしてくれます。
毎日の電気の使われ方を学習して曜日や時間帯ごとの傾向から次の日に必要な電力量と
天気予報から太陽光パネルによる発電量を予測します。
そして、次の日の電気使用量と合わせて蓄電池にためる深夜電力を決めます。
それからAIで蓄電システムの充放電を最適にコントロールしてくれます。

それに「蓄電池モニター」というアプリで家庭内の充放電状況を確認できます。
携帯やタブレットにアプリをダウンロードするだけで、とてもカンタンで便利です。

しかも!太陽光発電で発電して計測された電気の家庭内消費分がポイントとしてアプリ上に付与されます。
そのポイントは「ドットマネー」を通じて、現金やギフト券、電子マネーに交換することができます。

利用者2000万人突破!
実際の「蓄電池モニター」アプリの画面を見てみましょう!
さて、次は実際の「蓄電池モニター」アプリの画面を公開します!
これは良き家の社長が実際に使用しているアプリのスクリーンショットです。
うちの社長も太陽光と一式導入してご自宅で使われています。
「携帯のアプリで全ての動きが見られるのはめっちゃ良い」と!社長が主張していました。

では、社長の家庭消費量を監視した結果を発表します。
蓄電池と太陽光発電のコンビでどのぐらい節約できるのか?と皆さんもたぶん気になっていると思います。
管理画面を確認させてもらったのは、「平日」と「土日」の電気使用量です。

その結果は、日中にあまり電気を使わない平日は買電率が約30%減ります。
家族全員が家で暮らす休日などは約45%も減ります!
(家庭によって実際の減少効果は変わります)


今の時期は早く暗くなるので発電できる時間帯は短いですが、夏ならもっと期待できるでしょう。
一か月分の電気代はどうなるか楽しみですね!
1ヶ月分の電気代はどのぐらい安くなるのか?
右側のデータは、社長家庭の実際のデータではありませんが、他のお客様のご家庭のデータを見てみましょう。
こちらのご家庭の条件は以下の通りです。
・東京電力/スマートライフプラン
・電気使用量450kWh想定
・PV内容5kW想定
・蓄電池は自家消費優先で使用

見たら分かりますが、蓄電池と太陽光発電システムを設置したら、1ヶ月分の電気代は約1万円も減少しました!
もちろん、これはご家庭と設備の条件によって実際の減少効果は変わりますが、効果はかなり期待できます。

今度、良き家社長の実績も公開しますので、ぜひお楽しみください。
0
1
9
4
1
8
TOPへ戻る