本文へ移動

きなこの気まぐれブログ

太陽光発電のメリット&デメリット

2022-09-22
オススメチェック
皆さん、こんにちは! きなこだにゃ
最近、省エネ住宅がブームになっているので、今回のきなこの気まぐれブログは「太陽光発電のメリットとデメリット」についてカンタンに紹介します!
 
まずは「太陽光発電のメリット」を見てみましょう!
太陽発電システムのメリット
  1. 電気代が安くなる
    ソーラーパネルの最大の利点の 1 つは、電気代を大幅に節約できることです。
    アメリカの場合、自宅にソーラーパネルを設置すると、年間 1,000 ドル(約14万円)以上の電気代を節約できます。もちろん、金額は地域や家庭の大きさによって様々ですが、節電できるのは間違いありません。


  2. 電力料金の上昇からの影響があまりない
    皆さんがご存知の通り、電気料金が高騰し続けていくことです。 電気料金はここ10年で確実に値上がり続けています。ソーラーパネルを設置すれば、これらの上昇する電気料金からの影響がなくなります。自分でエネルギーを生産しているため、電力会社から高価な電力を購入する必要はありません。

     
  3. 昔と比べて価格が安くなっている
    電気料金が値上がりする一方で、太陽光発電のコストは下がり続けています。太陽光発電パネルはかつてないほど安価になりました。 実際、コストは過去 10 年間で 70% 以上低下したそうです。また、今購入すると国からの補助金ももらえますので、検討している方は、今のタイミングに決めた方が良いかもしれません。

     
  4. 売電して収入が投資として得られる
    電気代を削減するだけでなく、ソーラーパネルが発電する余剰電力を公益事業に販売することで収益を得ることができます。完済後は、太陽光発電システムの存続期間中、ソーラーパネルが無料で家庭用電力を生成し続けます。

     
  5. 環境にやさしい ☆これが大切☆
    太陽光発電のもう1 つの大きなセールスポイントは、再生可能エネルギー源であることです。 さらに、ソーラーパネルで生成された電力は、温室効果ガスを排出しませんので生み出されるのはクリーンエネルギーだけ!

     
  6. 再生可能なエネルギーの自給自足
    ソーラーパネルを設置すると、自分でエネルギーを作り出すことができるため、エネルギーの自立が可能になります。また、太陽光パネルによって生成されたエネルギーを使用し、外国の供給源に依存しないことは、国家安全保障と国の経済にとって素晴らしいことです。


さて、次は「太陽光発電のデメリット」も見てみましょう!
  1. 初期費用が高い
    一般的な住宅用の太陽光発電は出力4~5kWなので、115万円~144万円程度の設置費用となります。最近は補助金が色々ありますので、一部の初期費用は抑えられると思います。

  2. 夜間や気象の影響による発電制限がある
    太陽光が断続的な電力源と見なされる主な理由は 3 つあります。
    ❶ 太陽は夜にありませんのでソーラーパネルは夜間は発電しません。
    ❷ 太陽の強さは、場所、時期、および時間帯によって異なります。
    ❸ 雲、雪、および葉の覆いは、ソーラー パネルによって生成されるエネルギー量に大きな影響を与える可能性があります。
    しかし、蓄電池を使用すると、電力を蓄えて発電できないときに蓄電池から引き出すこ
    とができます。そのため、太陽発電システムは蓄電システムと一緒に導入することをおすすめします。


  3. パネルの製造は環境への影響がある
    ソーラーパネルが生成する電力は無公害ですが、ソーラーパネルの製造に関連する汚染があることに注意することが重要です。ただし、太陽光パネルの環境への影響は、化石燃料の採掘や燃焼に伴う損害に比べれば最小限です。


  4. 設置するのにスペースが必要
    ソーラーパネルを住宅に設置するほとんどの場合、屋根に十分なスペースが必要です。大規模なソーラー設備を設置する場合は、スペースが少し問題になる可能性があります。


  5.  取り外して新しい家に取り付け直せない
    住宅にソーラーパネルを設置するデメリットの 1 つは、引越しするとき、設備の移動が難しいです。不可能ではありませんが、パネルを取り外して再設置するのにも費用がかかり、コストに見合わないと思われます。
では、太陽光発電システムを導入するべきか?
結論からいうと、スペースがあれば太陽光発電システムを導入する価値があると思います。
また、蓄電池と一緒に設置すれば太陽光発電のデメリットの「夜間や気象の影響による発電制限」が解決できて、電気代もさらに安くなります。それに電力会社の電力不足の時も
 心配なくいつも通りの生活ができます。
 
それに、電気料金は値上がり続けている時代なので、太陽光発電に切り替えるのが早ければ早いほど、節約を始めることができます。ただし太陽光発電の弱点をカバーする、または最も有効に活用するためには、蓄電池が必要です。太陽光発電を検討しているなら、蓄電システムのセット導入がおすすめです。
 
 
蓄電池&太陽光発電システムを検討しているなら、良き家は一定額リースプランを提供していますので、初期費用0円で導入することが可能です。費用についてご興味がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
蓄電&太陽光発電システムの導入はこちら!
良き家は蓄電&太陽発電システムセットのリース導入プランを提供しております。


************************************************
引用:
Solar energy pros and cons in 2022:SolarReviews
<https://www.solarreviews.com/>

0
1
9
4
2
2
TOPへ戻る